後悔しないかつらの作り方

種類も豊富なかつら

薄毛に悩む人を中心に活用されているかつら。

髪の毛が薄い、ある特定の部分だけが激しく抜けているなどといった場合、多くの人は増やす努力や、これ以上髪の毛が抜けないようになんらかの予防策を施していきます。

かつらのように自毛以外のダミーの毛髪をかぶったり、付けたりする方法は一般的に増毛と呼ばれます。最初からかつらなどを使い増毛する人はあまりいないといえます。

かつらなどを使い増毛するのは、長期間にわたって薄毛の予防・改善行為を施しているのに、あまり変化が見られなかった場合が多いようです。
かつらなどを使った増毛は薄毛対策の最後の砦ともいえるのです。

>>増毛による薄毛対策

かつらといってもさまざまなタイプが販売されているわけですが、主に毛質ベース装着タイプによってその形も使用感も変わってきます。
ただ頭全体を隠してしまう一般的なかつらだけではないのです。

毛質

かつらをかぶる人の髪の量は少ないですが、まったくないといったことは少ないですから、残っている髪にいかに自然に馴染めるようにするか、ぱっと見てかつらとばれないようにするか…。

髪の毛の作りはより本物に近い素材で作られています。
人の毛髪を使用した人毛、ポリエステルを主成分として人工毛、両者をミックスしたものと、その種類は3つに分類されています。

ベース

スキンベースネットベースとあります。
スキンベースでの装着は見た目が人肌に近く、ポリエステルやシリコンを人工皮膚に植毛しています。
ネットベースは、その名の通り網目状のネットに毛髪を植毛したもの。

装着タイプ

地毛ではなく頭皮につける接着剤タイプ、頭皮に装着する両面テープタイプ、地毛に固定するピン留めタイプ、かつらをベースにした自毛に編み込むタイプの4種類。

ぞれぞれの性能や特徴、そしてメリット・デメリットを理解し、自分の毛髪の状態や生活環境に合わせて選んでいきます。

また、人の頭皮や毛髪の生え具合というのはバラバラですから、量産型の既製品では違和感が目立ってしまうこともあります。
より自然な馴染み具合を追求するのであれば、自分の頭部の形や生え際などにあわせて作るオーダーメイドのかつらが最適といえます。

トップへ戻る